稼いだ後のライフプランはお考えですか?

|実家|・ω・`)ノ ドモ

 

昨日から、両親が病に倒れております…

穏やかな春の日差しが暖かくなってきた矢先、

まさか今頃?のインフルエンザです。

 

私は私でうつ病の療養で帰省中だったのですが(笑)

放って置くわけにもいかず、家事全般やれるところは

やっています(´・ω・`)シカタ ナイヨネ

 

幸い、インフルエンザと言うことで体調が回復するのも

時間の問題でしょう。

 

ただし、これが介護となってくると、話は別です。

遅かれ早かれ、近い将来必ず直面する問題です。

 

付きっきりで介護となると、当然、普通の仕事に

就くことはできませんし、介護中にワガママを

言い出すことも良く耳にしますので、

トラブルも頻繁に起こってくるでしょう。

 

おそらくこういった事情で、介護事業関連の

仕事に就く人が少ない原因だと考えられます。

給与所得が極端に低いこともあります。

 

少子高齢化から更に、超少子高齢化社会の到来は

待ってはくれません。

 

介護の需要は当然高まってくる訳ですが、

供給が全く追い付かないのが実情です。

 

そう言った意味で、今回のテーマ、

『稼いだ後のライフプランはお考えですか?』

 

一時期、短期留学と言う形で

介護専門でインドネシアやフィリピン等から

国を挙げて候補学生を呼び込んでいた時期もありました。

 

しかし、日本人ですら難関と言われた条件に、

非難された時期がありましたが、

最近ではニュース等でも取り上げられることもなく、

闇に葬り去られる結果に終わります。

 

その時の候補生達は条件が厳し過ぎた結果、

誰一人として国家資格を得ることができず、

就労ビザを発行して貰うことができないまま、

帰国せざるを得ない状況となりました。

 

勘の良いあなたはお気付きでしょう。

日本国内に留まる限り、これからの時代、

いずれ破綻する年金・介護問題で無限地獄に

引き込まれていくことでしょう。

 

当然、こう考え始める訳です。

何か打つ手はないのか?

ただ、何から手を付けて良いのか分からない。

刻一刻と迫りくる大きな壁。

 

しかし、一歩引いて、俯瞰して全体を見渡すと、

こういう思考に辿り着くかと思います。

『そうだ、海外に出よう!』

 

東南アジア諸国では、かつての日本を

彷彿とさせるようなバブルが訪れようとしています。

 

このタイミングで海外居住ビザを取得し、

お手伝いさんを雇って、両親の介護を

任せるという手段があります。

 

これにはどのようなメリットがあるのかと言うと、

東南アジア諸国での雇用創出、

日本人高齢者の介護問題の解決。

お互いにとってWin-Winの関係が成立するのです。

 

気になるお手伝いさんの費用ですが、

当然、居住国によって異なってきます。

しかし、月2~3万円程度で済んでしまうのです。

 

お手伝いさんなので、介護はもちろん、

家事全般をこなしてくれます。

 

私は是非ともそういったサービスを

利用させて貰いたいと考えています。

 

日本国内で同様のサービスを受けようものなら、

介護施設に入居するだけで月数十万円…

とても負担しきれません…

 

これから10年間を目途に日本から出て

経済的にも精神的にも自由を手に入れたいと考えています。

 

私の意見に賛同して下さるあなたになら、

この提案は決して悪い話ではないと思います。

100億円不動産王倶楽部

とは言っても、やはり最初の敷居が高い為、

即決はできないと思います。

 

投資教材レビュー内でも記載しておりますが、

まずは無料メール講座から入って頂く方が

納得度も存分に高まると思います。

 

現在、一般募集はされておらず、

私など会員を通してからでないと

お申し込みはできません。

 

そろそろ定員に達するということで、

いつ締め切られてもおかしくない状況です。

 

今年度も本日で終了。

明日から新年度ですね。

あなたの英断を心よりお待ちしております(*´∇`*)

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像