父の急逝から2週間1

|実家|・ω・`)ノ ドモ

 

ご無沙汰致しておりました。

前回の更新から早、2週間以上経ってしまいましたね。

ご心配頂いた方々には大変ご迷惑をお掛け致しました<(_ _)>

 

4月6日(金)正午過ぎ、

初めて霊柩車の中で聞く、長いクラクションと共に火葬場へ向かう中、

それはそれは綺麗な桜の花が満開の時期でした。

 

私の実父、享年57歳でした。

4月4日(水)正午前、静かに息を引き取りました。

 

敗血症(はいけつしょう)と呼ばれる、

何らかのウィルスが血液を介して身体全体を巡り、

多臓器不全に追い込む非常に危険な病気でした。

 

父の仕事柄、普段から無口でしたので、

これまで何も相談できておりませんでしたし、

これからのことを徐々に話していこうと思っていた矢先の、

本当に突然の出来事でした。

 

身体に関しては、これまで一度も風邪を引いたことがないくらい

本当に丈夫だった父ですが、長年の職業病のせいでしょうか?

 

うつ病の私なんかより、ずっとずっと身体に職業病を抱えたまま

ただひたすら仕事に打ち込む父。

 

一度たりとも弱音を吐くことなく、

朝早くから夜遅くまで休みなく働く父。

 

右肩下がりの建設業界の中、末端の左官業でしたが、

上流工程のしわ寄せを物ともせず、納期ぴったりに仕上げる父。

 

1歳8か月の孫娘の誕生を誰よりも喜んで、

決して私達には見せない笑顔で足繁く通ってくれた父。

 

中卒で職人としての腕一本で私達家族を養い、

一戸建ての我が家のローンを2年前に完済したばかりの父。

 

本当にこれから親孝行を徐々にしていこう、

趣味に没頭させてあげよう、と言う時期に突然、

居なくなってしまいました。

 

悔やんでも悔やみきれません。

両親揃って、海外旅行なんかもプレゼントしようと思っていたのですが…

 

日本の国政もそうですが、医療の崩壊現場を

目の当たりにした、今回の出来事は

私達に本当にいろいろなことを気付かせてくれました。

 

予想以上に長くなりそうですので、続きは明日以降に

綴らせて頂きます<(_ _)>

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像